色素沈着を起こしているとハイジニーナ脱毛は受けられない?

ブラジリアンスタイルとして始まったアンダーヘアの脱毛法は、アメリカでは常識なケアとして浸透しています。そのために、アンダーヘアのムダ毛処理を行っている女性をハイジニーナとも呼び、パリス・ヒルトン、ブリトニー・スピアーズはハイジニーナとして有名なのです。

ハイジニーナ脱毛として日本に広まったのは2008年以降と言われ、新しい美容用語として知られてきています。

赤外線での肌ダメージの低いフラッシュ脱毛を使用するサロンが多く、医療レーザーよりは効果が落ちますが、皮膚負担を考える方には向いています。しかし、脱毛を考えてサロンを訪れる人の中には、過去にアンダーヘアの自己処理をして、カミソリ負けによる色素沈着が残ってしまっている場合もあります。

フラッシュ脱毛は日焼けしていたり、カミソリ負けのような傷跡が原因で色素沈着を起こしていたりする場合は、脱毛をしてもらえない事があります。その脱毛法は、肌の黒い色素であるメラニン色素に反応する光を照射するため、日焼けによる肌の黒さや、傷による色素沈着にも反応してしまい、肌にダメージを与えてしまうのです。だからといって、ハイジニーナ脱毛を諦めることはありません。

メラニン色素に反応するとはいえ、こんがりと日焼けしている場合以外、問題なく脱毛を受けられます。サロンで脱毛を受ける時は、安全上の問題もあり、面接を行ってから行われることが多いので、その時に色素沈着の事を伝え、専門家に判断を仰ぐといいでしょう。

脱毛サロンの選び方

脱毛サロンを選択する時は、脱毛費用の支出を抑えるためにもお支払い金額を比べましょう。脱毛サロンごとに大きく料金が違うので、お財布に優しいところを見つけましょう。利用する時には、お得なキャンペーンも絶対にチェックしてください。ただ、料金面だけで選択されてしまうと満足いただけない仕上がりになりかねませんので、脱毛効果の方にも着目しましょう。

ミュゼプラチナムがイチオシ!

ミュゼプラチナムは知名度のかなりある業界で1番大きい脱毛サロンです。全国展開しており、店舗数は業界最大なので通いやすさが評判の高さにつながっています。店舗移動も対応可能なので、その時の自分の予定を考えてリザーブすることができます。高スキルのスタッフが所属しているため、安心して脱毛してもらえます。